みやログ

*イラストの無断転載厳禁

新しい旅のかたち

初めてハワイに行って来た。脱力を広める整体師&テラノ式手拭い体操の先生マッキーさんがハワイでリトリートを開催すると聞いて参加したのだ。

参加申し込み時点でわかっていたリトリートの内容は、ハワイ島ヒロに現在集合、参加者は4、5人であること、くらいだったと思う。

 

普通の海外ツアーや参加型リトリートだったら日々のスケジュールは細かく気になるところ。でも、事前に色々聞こうとも思わなかった。なんとなく予定を知らなくてもいいかなと。この辺の感覚は主催者を信頼していればこそだと思う。

 

で、一週間何をやっていたかというと。暮らしていた。朝ごはんをキッチンでつくり、お弁当を持って遊びに行き、貰った新鮮野菜を料理して夕ご飯。

現地在住の方のおうちにお邪魔したり、海で泳いだり、ダンスしたり、畑見学したり、山に登ったり星を見たり。泳ぎながら、歩きながら脱力のレクチャーを受けたり。カフェも行かず外食は1.2回だけ、テレビもみなかった。ガイドブックは持って行ったけどほとんど開げなかった。

もちろん初めて訪れるハワイの景色や出会う人はいつもと違う刺激。固定概念が覆される出会いとハワイ島の圧倒的な自然。それ以外は普通に暮らす様な旅だった。初めて体験する旅のスタイルだった。旅に普通の暮らしをくっつける。案内してくれる人がいる安心感もあるせいか緊張感もあまりなく、日々リラックスしていくのがわかるほど。記憶もなんとなくあやふやに。これがリトリートの目的「脱力」かな、と数日たってから気がついた。

 

観光と食事の計画をたてまくる様な今までの旅とは正反対。暮らす様な旅だったからこそリラックスができたのかもしれない。私はこのスタイルが気にいった。もうすでに沢山の人がやっている暮らす様に旅をする。私の新しい旅のかたち。滞在中の会話で誰かが言っていた「どこにフォーカスするか」の言葉。

 

旅の日程が短期でも、暮らす旅にフォーカスすればきっと新しい旅はできると思うんだ。逆パターンの普段の暮らしを旅に、旅するように暮らしてらいる人もいるし。やっぱり旅がすき。

 

得体の知れないオバ...私の参加をokしてくれたマッキーさん、美味しいごはんを毎日作ってくれたmanaちゃん、私のインチキ英語と日本語で会話してくれたmaiちゃん、歳下だけどお母さんみたいな姉御Yさん。素晴らしいリトリートでした。mahalo!f:id:haroom88:20180215232950j:image