みやログ

*イラストの無断転載厳禁

どうする?身体が資本のフリーランスがケガしたら

1ヶ月前によろけて右手小指を壁にぶつけ打撲。突き指だと思ってほうっておいたら、痛みが引かず念のために病院へ行ったら骨折していた!見事に折れていた。

診察した医師からは、よく今までガマンしてましたねと苦笑され、受診が遅くなり折れてから時間がたっているので手術はムリ。治っても以前の様に指が曲がるかはわからないと言われた。

そうか、曲がらなくなるかもしれないのか、、、と思うと同時に手術なんかしてたら年末進行の仕事にかなり支障が出たろうな、とも思っていた。小指とはいえギプスなぞしていたらイラストを描く仕事はかなりやりにくいだろう。術後の痛みで描くことができたろうか。

小指以外の指だったら、手首の骨折だったらイラストを描くこと自体無理だったろう。

今までケガや病気はしてきたけれど、フリーランスにとって自分の身体が商売道具なんだ、とこの時初めて実感した。そしてちょっと怖くなった。ケガや病気で今の仕事が出来なくなったら?そうなった時のシュミレーションを妄想でもいいからしておこうと、骨折を機に考えてしまった。今の仕事のやり方や内容の選択肢を考えておくのはいいかもしれない。妄想で終わればそれでいいし。

好んで病気やケガをする人はいない。誰だってなる可能性はある。そうなった時に落ち込んだり後悔したり八つ当たりしないで、現状をしっかりと抱えながら工夫しながら変化させながら仕事をしてゆくしかないんだろうな。

f:id:haroom88:20180107220246p:image