みやログ

イラストレーターみやれいこ日々直感スケッチ *イラストの無断転載厳禁

作品発表は昔個展、今web ?

私がフリーランスイラストレーターになったのは今から25年前。

その頃は自分の作品を見てもらうには、ポートフォリオを作ってクライエントに持ち込むか、個展やグループでなどで発表するしかなかった。

あと、コンテストとか?

でも ポートフォリオを作って持ち込んでも、その後の仕事には繋がらないと感じていた。

業界的に紹介で仕事を貰うことが多いと思っていたので。なので持ち込みは一切やらず、そのかわり個展を唯一の営業と決めて開催していた。

小さいけれど味のある銀座のギャラリーや地元のカフェで約10年間個展をしていた。その後も毎年ではなく数年ごとに発表の場を持った。 

仕事と並行して個展用の作品を作り、DMを送り、一週間自宅からギャラリーまで通う。出費は一回の個展で結構な額になった。ギャラリーを借りる金額と作品の販売金額はいつもとんとん。儲けがでることはなかなかなかったな。そんなに時間とお金をかけても作品を見にきて貰えなかったり、作品が売れなかったり。

で、現在。

あちこちで言われていることだけれど、web環境が整ったお陰で発信さえしていれば沢山の人に作品を見てもらえる。昔ほどお金をかけなくても自分を知って貰える。

絵や写真、動画だったら言語の壁も越えて世界中の人に伝わる。

いい世の中になったものだよね。

とはいえリアルな場での発表も侮れないよね。作品を見てくれた人とのコミュニケーションから意外な方向へ話がまとまったりする。

10年以上前にやった個展は仕事に繋がり、未だに印税が入ったりとかね。

 今は作品発表をする計画はないけど、個展やフェスタというリアルな発表の場とwebを使いこなせるクリエイターは強いなと感じてるよ。ほんといい世の中になったものです。

f:id:haroom88:20170725201426p:image