読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやろぐ*直感生活

イラストレーター/直感研究家 みやれいこ

人生の最新最先端

訪問介護関係の仕事をしている友人に会いました。サービスの利用者さんは高齢の方や病の重い方。その仕事をして行くなかで避けられないのが利用者さんが亡くなってしまうことによる「お別れ」。辛くなるときはないの?と聞いてみた。仕事の内容上、覚悟も納得もしているけれど、「やはりココロはざわつく、でも辛いとか悲しいとは少し違う。人生の最期に立ち会った、という感覚ではない。何故なら、亡くなるその瞬間まではその方の人生の1番新しい時間、その方の歴史の最先端を共有したと思うから。」

流れて行く時間の最新最先端。それは元気で健康な今の私達と同じ。次に訪れる結果は違うかもしれないけれど、その瞬間は同じ時間に存在している。だから亡くなって可哀想とかは思わないんだそう。沢山の出会いと別れを経験してきたからこその感覚なんだろうな。

f:id:haroom88:20170118130644j:image

 

 

 

広告を非表示にする