イラストレーター/直感研究家 *** みやれいこブログ

イラストレーター/直感研究家 みやれいこ

実りと祈り

実り祈り。

みのりいのり。

音が似ているだけじゃないかもね。

実りは祈り。

祈りは実り。

早口言葉みたいだね。

f:id:haroom88:20170919224804p:image

広告を非表示にする

終わりの感覚

ここ数日、何かが終わる様な感覚がする。自分の事なのか他者の事なのか、精神的もしくは肉体的なのか? 

わからないながらも「終わる」感覚は若干の寂しさもあるけれど、すがすがしさもある感じ。

長年集めたコレクションを大掃除で処分してスッキリするような感覚。

こんな感覚は台風が来ているせいか、秋のせいなのか。台風が去ったら部屋の大掃除をしようかな。f:id:haroom88:20170917214211j:image

10/9 福島 郡山 おとなの文化祭に直感スケッチ&古本屋で出店します。よろしくですー。f:id:haroom88:20170917213850j:image

広告を非表示にする

手の感覚

久しぶりにカッターで色鉛筆を削った。

専門学校生の頃は鉛筆は全てカッターで削らなければなからなったので得意だったけれど、余りにも久しぶりすぎて下手になっていた。

色鉛筆は芯が柔らかいので削る時は芯が長くなりすぎないよう気をつけて。削ることが楽しくなり削りすぎてしまわないように、と思っていたのにやはりやり過ぎてしまった。

削るだけのための鉛筆を買って来て、ただひたすら削ってみようかな。

f:id:haroom88:20170914222007j:image

広告を非表示にする

世界の終わりと私の終わり

ホーキング博士は人類はあと100年くらいで終わるといっているらしい。100年てあっという間。私のカラダもせいぜい頑張ってもあと50年くらい。人類の終わりも私の終わりも、もうあんまり時間はない。かもしれない。

いつの頃からか「終わる」事をいつも意識していたせいか終わりがあるというのは、安心することもある。終わらないことのほうが怖い。仕事だって終わらなかったら、もう恐怖!

時間はそんなにないし、いつか終わるし。そうだ、旅に出よう。友達に会おう。山にも行こう。美味しいものも食べよう。とりあえずゆっくりお風呂に入ってぐっすり寝ることにしよう。おやすみ。

f:id:haroom88:20170912224637j:image

欲しいものは目の前にあったようです

庵を結びたいだの小屋に住みたいだのぼんやりと思っていました。でも、不動産を所有するのはもうしないと決めているので、そうなると借りるとかしかないわけです。使用目的も特に無くただ借りるのもなんだかなぁと思うし、庵や小屋なんか賃貸である訳ないし。まぁ、いつもの妄想ね〜と、ふと実家の庭をみたらば。あったよ。小屋が!母が趣味で建てたプレハブ茶室があるではありませんか。六畳一間しかない、トイレもお風呂もなんにもない小屋が!プレハブとはいえお茶の稽古をするために炉をきってあるので、お湯だけは沸かせる。炭でだけど。

灯台下暗し。いや、毎日プレハブ茶室をみていたから小屋だの庵のイメージが刷り込まれていたのかもしれません。プレハブ茶室は月に2日しか使わないから、貸してもらうことにしよう。そこで何をするか何もしないのかは、後で考えることにしました。とにかく、欲しいものは目の前にありました。

f:id:haroom88:20170912150436j:image